【愛犬の話】ワンちゃんにあげてはいけない食べ物

愛犬パグのお話
スポンサーリンク

こんにちは。tomoです。
初めてワンちゃんを家族に迎え入れると分からないことだらけで、悩んだり、迷ったり、色んな問題に直面してきます。
ワンちゃんの命を守るのは家族一人一人。
飼い主さんしかいません。

今回は、ワンちゃんにあげてはいけない食べ物をご紹介します。

(左側が我が家のアスラン右側が異母兄弟のごんべい君)

 

●ぶどう・レーズン

年齢・犬種にかかわらず急性腎不全を引き起す可能性があるからです。
中毒のメカニズムはまだ解明されていませんが玉ねぎ・チョコレート同様絶対にあげてはいけない食べ物の一つです。
パグ飼いさんが集まるSNSでテーブルに置いてあったブドウを一房ほとんど食べてしまい治療のかいもなく亡くなってしまったパグちゃんの投稿をみたことがあります。
投稿を見たときから我が家では、パグ達だけでお留守番させると分かっている時はブドウが食べたくても買わないようにしています。
買っても冷蔵庫の中かパグ達が絶対いかない(いけない)部屋に置いておきます。
食べたブドウの皮が入っているごみ箱も撤去してから出かけます。

●玉ねぎ・にんにく・ニラなどのネギ系

「あげてはいけない食材」と多くの方が認識している有名な食材たちです。
これは、これらの食材をあげなければいいと認識している方は間違いです。
一緒に煮て食べれる食べ物をあげるのもNGです。
NGというか好ましくないんです。
食べれる食材に玉ねぎなどのあげてはいけない食べ物がついている可能性もあるからです。
なぜ、あげてはいけないかというとアリルプロピルジスルフィドという成分が赤血球を破壊し、貧血起こすと言われています。
症状としては、呼吸困難・下痢・嘔吐など

●チョコレート

チョコレートの中のテオブロミンという成分が中毒症状を起こすと言われいます。
症状としては、嘔吐下痢・興奮・多尿・痙攣などがあります。

●キシリトール

人間には無害ですが、ワンちゃんには有害の食材です。
絶対にテーブルやバックにガムをガムを入れて外出しないでください。
キシリトールも中毒症状を起こします。
症状は、低血糖。下痢嘔吐、震えなど

●アボカド

葉や実(果肉皮、種)に含まれる「ペルシン」という成分に中毒性があると言われています。
症状としては、下痢・嘔吐など。

 

まとめ

ワンちゃんには、あげていい食べ物とあげてはいけない食べ物があります。
一日でも長く愛犬と一緒にいるためには、飼い主さんが注意することが沢山あります。
我が家は、パグと一緒に生活をはじめた日からパグ中心の生活になっています。
我が家にとって大切な家族の一員ですから
もし、食べてはいけない食べ物を食べてしまった場合は、早急に動物病院の受診をオススメします。
様子を見るのも一つの方法ですが症状が出てからでは遅いのでメールなどで相談できる動物病院を見つけておくことをオススメします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました