【食べ歩き★栃木県宇都宮市】路地裏にひっそり佇む昔ながらのラーメンが味わえるオギノラーメン

栃木県(ラーメン)
スポンサーリンク

こんにちは。tomoです。
お休みの日は、相方とぶらっと市内をサイクリングを楽しむ日々。
宇都宮市内って車より自転車の方が便利なんですよね。
さて、今回は相方が学生時代に通っていたラーメン店を訪れてみました。
相方にとって〇十年ぶりのお店です。
摩訶不思議なお店でもあり、昔ながらのこってりラーメンを味わえるオギノラーメンをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

  1. アクセス
  2. メニュー
  3. 口コミ
  4. まとめ

アクセス

お店名:オギノラーメン
住所:栃木県宇都宮市池上町2-10
TEL:028-634-7939
営業時間:11時00分~21時00分
定休日:不定休

 

JR東北本線/東北新幹線 宇都宮駅西口から徒歩20分
バス 東武駅前下車 5分

メニュー

メニュー
ソーダー水やクリームソーダーやあんみつもある摩訶不思議なラーメン屋さん。
クリームソーダーなんて子供の頃、亡くなった祖父と一緒に飲んだきり
祖父との思い出が蘇ってきます。

オギノラーメン620円
昔ながらの味
実家の近くにある味へいラーメンにスープが似てる。
こってり系ラーメンなのでお酒を飲んだ後に食べたくなるラーメンかも知れませんね。
ちなみに私は、下戸なのでお酒のおいしさなどさっぱり分かりません。

 

タンメン700円
あっさり系
私は、こっちの方が好きかな。

 

店内はこんな感じ

 

口コミ

いつもチャンポン大盛りですが、少ししょっぱいおぎのラーメンも美味いです。
飲んだ次の日に優しい味でかれこれ35年以上前から食べてます。
少しお店は年季が入っていますが懐かしい感じがしますね。
チャンポンの麺を変更したり試行錯誤しているのが凄いですね。もっと美味しく、もっと早く提供したい意気込みが感じられる一杯です。
味は長崎のちゃんぽんではないですよ。

吹き出し

あれは忘れもしない小学生の頃。

”まち”(宇都宮市内に行くこと)に行くと必ず入った「オギノラーメン」さん

母や祖母がダイスキでいっつも同じ・エビちゃんぽんを注文したっけー

昔は東武一番通りにあったんだけどいつの間にかなくなっていて…

もぉー、食べられないのね(涙)と思っていた

今日、発見っ!

県庁と市役所を結ぶ道路から1つ入った場所にあったの

すあまが「らーめん たべたーいー・・・」と言っていたので

抱っこしながらくまなくお店を探していたときだった

いやぁ〜衝撃的な出会い。

さらに近づくと

・・・やっぱりっ!やっぱりあのお店だった

14時半を過ぎていたけれどお客さんが半分くらいうまっていて

すあまと2人がけのテーブルに座った

当時・小学生だったから注文の仕方、忘れてたけど

お金を先に払って→プレート渡されて→席で待つスタイルだったんだねぇー

今回はわからなくって先に座ってしまったけど次はそーします(笑)

2人で1つのエビちゃんぽん(¥750)を注文

おばちゃんが笑顔ですあまのイスを前にしてくれた

近所のおばちゃんにやってもらうみたいで嬉しかったなぁ

くるくると回るイスに興奮気味のすあまの前に

あのエビ、健在っ!!!

なーつーかすぃーーー

おばちゃんは子ども用のフォーク&器をテーブルに置き

「ゆっくり食べてね」と去っていった

ママは ママは

またこの味にあえて本当に嬉しかったのだよ?すあまさん。

その喜びは伝わったのだろうか??

祖母&母に即、報告すると

母「知ってた。1人でよく食べる」

祖母「いっくら探しても見つかんなかったのにねぇ」とのこと。

いつかはすあまも大きくなってこのラーメンを懐かしむ日が来るのかしら。。。

【宇都宮】名迷店の予感がするオギノラーメン!

迷店愛好家の皆さま、こんにちは!
日常何気ないところで、迷店に出くわしますよね。
私も出くわしましたのでご報告申し上げます。

[迷店ポイント]
1.ラーメンと欧風アイスクリームの二本立て
2.昔の甘味処を思わせるが、店内は完全なラーメン屋
3.名物は店名のオギノラーメンではなくちゃんぽん

【場所】
大通りから本町交差点をオリオン通りに進んで、最初の道を右に曲がると右手にお店はあります。
JR宇都宮駅よりは東武宇都宮駅からのほうが近いです。

【店舗、店内】
まず、ご覧ください。渋い外観を!!
ショーケースもあり、上にはオギノラーメンと欧風アイスクリーム。
ラーメンと甘党の店 オギノ ともあります。

むむむ、ラーメンとアイスクリームの二本立て、これはもはや迷店の香りしかしない。
先ほど、ボルツのカレーを食べたばかりでありますが、こういう迷店に巡り合う確率はかなり低く、迷店愛好家としたら入らないわけにはいきません。

店内に入りますと、すぐ左手にレジがあり、先会計になります。
おそらくですが、お酒を飲まれる方は後会計になるのだと思われます。
左手に厨房があり、その前がカウンター、入口付近もテーブル席があり、奥にもテーブル席があります。
ラーメンとアイスクリームですから、昔の甘味処やパーラーの様なお店かと思いきや、外観、内観ともに立派なラーメン屋さんです。

【料理】
店名になっているオギノラーメン\620 をお願いしました。
程なくして、オギノラーメンの登場です。

見た目はまさに昔ながらの中華そば、優しいラーメンです。
早速、スープを一口飲んでみます。
ガラベースで醤油ダレ、優しい味だ。飲んだ後の〆には油ギトギトなラーメンより、こういうラーメンが体には良いんですよね?えっ?〆でラーメンを食べている時点で体には良くないって??
ま、それはそうでしょうけど、まだこういうラーメンの方が罪悪感は少なくなりますよね。

トッピングは茎わかめ、かまぼこ、メンマ、チャーシュー、青菜、麺は縮れ麺です。

【飲み物】
注文しませんでしたが、夜は飲み屋使いもできますね。

【サービス】
大将と女将さんとその息子さんの3名体制です。
ご家族経営のお店です。

後で調べたところ、創業は1948年(昭和23年)で、材木町で創業されたそうです。
材木町は、現在の場所よりは西に位置して、大通りの裁判所前交差点から西の一画になります。
そこから、今の池上町に移転されたそうです。
2020年現在で、単純計算しても創業72年ですか?かなり歴史のあるお店ですよね。
これはもはや、名店と言ってもいいのかも知れません。

でもね、私は名物だと思った、店名を拝したオギノラーメンが名物ではなく、名物はちゃんぽんとのこと。なんじゃそりゃ!!

う~ん、当該店は、名店でもあり、迷店でもある、名迷店と認定します!!!

この投稿が皆様のお店選びの参考になれば幸いです。

宇都宮オリオン通りの歴史と人々、そして時代の流れを見守ってきた老舗店です。

老若男女問わず知る人ぞ知るラーメン屋さん
であり、騒がしいオリオン通りから少し離れた閑静な路地裏に佇む学生達の憩いの場でもある。

店主のオジサンは学生と子供に優しく、
大盛りにしてあげたりとサービス精神満載です。

ちゃんぽん は、野菜がたっぷりで
昔ながらの味わいが嬉しい味わいでした。
古き良き時代であったあの”昭和の味”です。

野菜も程よい炒め具合と茹で具合で、
スープに絡めればいくらでも食べて
いられそうでした。

麺は、野菜に隠れていましたが
大の大人がお腹いっぱいになる程の量で
スープと一緒に流し込むことが
幸せな気分になる秘訣です。

ついつい食べたくなり、注文してしまった
罪深い餃子ですが…ニラとニンニク
がたっぷりでお酒が飲みたくなる味付け
でした。

なんと言っても安くて美味い、
あれだけ食べて千円とは…(戦慄)

これだけコストパフォーマンス抜群で美味しいならば…次回来た時には、クリームコーラや他のメニューも注文しなくてはなりません

ただ1つだけ欠点が…
お店が汚いです!

追記:駐車場はありませんのでご注意を
※付近にコインパーキングがあります。

こちらは
前々からお店の名前は聞いていた事はあったのですが

こんなところにあったのか(゚ω゚)と、小雨の中歩いていて
偶然に見つけたラーメン店です。

NHK横の珉亭も年季の入った佇まいですが
こちらのお店も負けず劣らずな雰囲気の
歴史を感じるたたずまいです。

マイレビ様の栃城?いや、茨木?に住まわれてる

『なめんなよ茨城県を』様が最近レビューされてた
某カレー店に向かう予定でしたが

あまりの雰囲気に急遽予定変更、
立ち寄る事に。

まぁ、ラーメン一杯くらいなら
この後カレーも食べれるだろう(^ω^)
ハシゴが織り成すラーメンカレーセットだ!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

と、タカをくくっておりました。

店内入ると厨房には男性2
ホールに女性2の計4人体制。

わたくし以外お客さん誰もいないので
適当に2人がけのテーブルに一人ドカっと腰をおろします。

席の配置は厨房前にズラっとカウンター席、
壁に沿うように二人がけのテーブル席
そして、お店の奥にも二人がけのテーブル席があります。

店内狭そうだと思いましたが
なかなかの収容人数かと思います。

メニューを見ると
数種類のラーメンとちゃんぽん、それと焼き餃子が。

ライスはありますがチャーハンなどのご飯もののメニューはありませんでした。

そしてメニュー見てて目についたのが
アイスクリームやあんみつなどの甘味系のメニューが豊富なこと。

かなり興味持ちましたが
ハシゴランチ巡りですし

この後移動してカレーも食べるつもりでしたので

今日はラーメン一杯のみとしました。

ラーメンのメニューの中から
玉子と名の入ったラーメンもなかなか珍しいな、
そして野菜不足ですからね、わたくし(⌒-⌒; )

注文は
玉子入り野菜ラーメンを
女性の店員さんに伝えます。

しかし、なんか床がベトベトしてるのが気になりますね。
雨降ってるからかな?

今回はラーメン一杯のみなので餃子は頼んでませんが
胡椒くらいは使うかもなと卓上を見ると

酢、ラー油、醤油、白胡椒、爪楊枝
のラインナップ(^^)

ん?(´⊙ω⊙`)なんだ?
蓋にホコリ?(゚ω゚)

持つとベッタベタ!

なんだこれ?

酢、ラー油、醤油、白胡椒、爪楊枝
全ての蓋がベッタベタ・・・・・・

蓋の上のホコリに見えるものは

無くなれば補充はするにしても
長年掃除などの手入れはされてないのか

油がかかってベトベトになっているものでした。

こんなベトベトの容器、
持ってラーメンや餃子に使おうって気になるのかな?

ラーメンしか注文していないので
使うなら白胡椒ですが
やめときました、使うの。

なんとなく コップの水もちょっと疑心暗鬼になって来てしまいました。

まぁコップはさすがに毎回洗ってるだろうと信じて飲みましたが。

改めて店内見渡すと、

これは余計なお世話かもしれませんが

お金払って食べてるので言う権利はあると思うので
書きますが

ホールの女性2人、
わたくし以外お客さんいないので
雑談をしたり手持ち無沙汰。
しかも、かなりのベテランさんそうだし
補充してる時にでも気づいてるはずなのだから
ちょっとは手が空いてるなら濡れ布巾で拭いて
掃除するとかしないのかな!?

と、苛立ってしまいました。

何か事情があって拭けないのかも知れないのですが

容器持つとベッタベタなのは事実。

しかも昨日今日でできたベタベタではなく
長年蓄積されてできたもの。

他のお客さんも絶対に使う時に
嫌な気分になる人もいるはずだと思います。

店員さん捕まえて
なんでこんなベトベトなのに知らん顔でトボけてるの?
と聞いても良かったはよかったのですが

もう来なければいいだけのハナシか。

と思い注文した玉子入り野菜ラーメンが女性店員さんの手で到着。

なんか色々な先入観と疑心暗鬼が入り混じり
食べる気無くしてしまったのですが(;´д`)

それでもラーメンに対してはきちんとやってくれてるのだろうと信じ食べ進める事に。

だって信じなきゃ食べれませんよ(;´д`)

玉子は割れば半熟でトロっと、
野菜は絶妙な茹で加減でシャキクタ(^^)
スープは醤油系でなかなか味わい深い、且つあっさりと懐かしい味だと思います。
麺がちょっと弱いでしょうか。
コシがなくあまり風味がない麺でした。

全体的に素朴ですが美味しいラーメンだと思います

・・・・・・なんかお腹と胸がいっぱいになってしまいました。

ごちそうさまとお会計して
小雨が降りしきる外へ出て、

次に予定していたカレー屋さんに向かおうとしましたが

今日はここでやめてまた次回にしようかな、

と向きを変え
コインパーキングに止めてある
クルマに戻りました。

少し感情的に書いてしまったのかも知れませんが
あくまで個人的主観ですのでご承知おきください。

まとめ

口コミにも書いてありますが、テーブルやコショウなどのベタベタ感が気になったのは私だけではなかったようです。
ラーメンの味は、好みがあるので私が美味しいと感じても口に合わないと言う方もいるので人それぞれです。
また、やはり飲んだ後に食べたくなる味のようですね。
実家近くにあるラーメン店もオギノラーメンさんと味が似ていて、ここも飲んだあと帰りによって食べるラーメン店でスープがこってり系。
私は、子供の頃から白河ラーメンを食べて育っているので、どうしてもラーメン麺や味は白河ラーメンが基準になってしまいます。
タンメンは美味しかったです。
今度、来た時はクリームソーダーを注文してみよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました