【飼い主の悩み】シニア犬との付き合い方、老化予防とケア方法(体験談)

愛犬パグのお話
スポンサーリンク

こんにちは。tomoです。

先代犬パグ、ボス(享年12歳)ウニ(享年15歳)を看取りました。
ボスに関しては、あってはならないトリーミング事故で亡くしましたが、今思えばボスもウニも目に見えて衰えを感じたのは10歳頃からだったと思います。

今回は、10歳から15歳の間で経験した身体機能の低下に伴うとトラブルの対処方法や環境整備についてお話したいとおもいます。

  1. 10歳~できなくなったこと。
  2. 対処と対策
  3. 病気やケガについて
  4. 長生きさせる秘訣と介護予防
  5. まとめ

10歳~できなくなったこと

犬は、7歳からシニア期といいます。
ボスとウニが7歳の時に東日本大震災を経験しました。

今、思えば、7歳のときボスがアレルギーを発症し療養食に変わった時期でしたが7歳~10歳まで気になる変化はなかったと思います。

できていたことができなくなってきたかな~と目に見えて感じたのが10歳の誕生日をすぎてからです。

まず、10歳の誕生日をすぎた頃から目に見えてできなくなったのが、ソファーに上がったり下りたりすることができなくなりました。

これは、ボスもウニともでした。

11歳後半

ボスの目が見え難くなってきたと同時におトイレの失敗がでできました。
目が見え難くなって来たことから、階段などの小さな段差も上ったり下りたりすることもできなくなりました。
寝ているの多くなってきました。

階段などの段差が上り下りできなくなってきたのでスロープを購入しましたが、全く使ってくれませんでした。

12歳

ボスが亡くなった年でアス(アスラン)を迎え入れた年です。
足腰が弱くなって来たので、掛かりつけの動物病院の先生のアドバイスで、朝晩2回ゆるやかな坂を歩くリハビリを取り入れた矢先、あってはならないトリーミング事故で亡くなってしまいました。

ウニもソファーや階段などの段差の上り下りはできませんが、食欲旺盛の元気ばーちゃんでした。
アスが来たことで、若返って来ました。
が、子犬のアスができなかったことができるようになり、今までできていたことができなくなってくるウニの姿を目の当たりにしたとき、ウニに残された時間を大切にしようと思ったと同時に寂しさと、いつか別れの日を覚悟した年でした。

13歳

はじめて、welcomePUGなどのオフ会に参加。
そして、ウニの身体に変化が!
まだ、気になる数値ではないけど膵臓の数値が上がって来ました。
13歳からフエラリアの検査と一緒に血液検査を入れるようにしました。
耳が遠くなってきた。

14歳

14歳半ばから中々自力で立つことが困難になって来た。
吠えて「立たせて~」と欲求吠えをするようになって来た。
14歳後半頃、白内障の症状が出て来ました。
食にムラが出て来たので、食べやすいように工夫したら食べるようになった。
排便時、手で転ばないように手で支え排便の補助が必要になってきた。
温度管理が難しくなってきた。

15歳

若干認知が出てきたかな?
夜中、起きて少し部屋の中を歩いてまた寝る生活がはじまって来たかな?
寝るのが忙しく、おねしょをするようになった。
トッピングしても食のムラがはげしくなって来た。
でも、お出かけは大好き。
便秘が多くなって来た。

スポンサーリンク

対処と対策

ソファーの上り下りが出来なくなった時にスロープを買いました。

最初に購入したのがペット用スロープ
購入の決め手は、高さの調整ができるだったのですが、残念なことに先代犬は使うことなく我が家の押し入れにしまってます。

フローリングや廊下の滑り対策

滑り止め床用コーティング剤

ウニが13歳の時、ビックサイトで開催しているインターペットで見つけ、愛犬に配慮し舐めても害がないコーティング剤ということで試供品を貰い試したら滑らなかったので購入しました。
でも、我が家はズボラなのでこまめにコーティング剤を塗ることができなかったので

廊下に「レックぴたQ 吸着タイルマット」を貼りました。
私達も重宝!
だって、寒い冬に素足で冷たい廊下を歩かなくてすむから。

リビングには「ジョイントマット大判」を敷きました。
が、アス(アスラン)と鮎がジョイントマットをホジホジして大きな穴を空けてしまいました。
ジョイントマットは、ホジホジすると千切れてしまうので、若いワンちゃんには誤飲してしまう問題が出て来るの注意が必要になります。
◎オネショ対策

防水シーツ!
一緒に寝ているので、今更オネショするからケージで独りでなんてできないので、防水シーツを布団敷きました。
オネショする時としない時があるので
そして、今、鮎を迎え入れトイレトレーニングが完璧でない時に大活躍していました。
ウニより洗濯回数が多い(苦笑)
◎食事対策
老犬になってくると歯のトラブルなども出てくるので食べやすくするために、我が家では野菜やお肉の煮汁を寒天で固めドックフードにトッピングしてあげたら、食べやすくなったみたいで喜んで食べてくれました。

我が家ではスーパーで粉寒天を買い使っていました。

病気やケガについて

老化によって色んな病気やケガのトラブルが出てきます。
我が家は、多頭飼い。
ウニとアスの年齢差12歳!
遊び盛りのアスが、ウニに遊んで遊んで攻撃を仕掛けてくるので、ウニもその気になって遊ぼうとするんだけど、老体にはやはり難しいものがあり、後ろ足のアキレス腱を痛めたことがあります。
13歳になると血液検査の数値が上がって来ます。
主に膵臓や腎臓の数値
目の病気
白内障ですね。
目が真っ白になる頃は、大体亡くなってしまうそうです。
関節のトラブル
ウニにもありました。
関節が痛く歩きたがらない時がありました。

サプリ「ニューロアクト」
獣医さんの処方でウニが12歳から朝晩、ご飯にかけてあげていました。
アキレス腱を痛めた頃から飲み始め、ドックランに連れていくと一生懸命歩くようになりました。
この笑顔が好きだったな。
虹の橋を渡る1週間前の姿(ラストラン)(´;ω;`)ウゥゥ
ウニに会いたいなぁ。
※サプリについて後日、blogで経過など日記に書いてあるので詳しくご紹介しますね。

長生きさせる秘訣と介護予防

ボスもウニも大きな病気をすることなく犬生を全うしてくれました。
ボスは、あってはならないトリーミング事故で亡くなってしまいましたが、ウニもボスも健康体でした。
長生きさせる秘訣は、ストレスフリーと私達と同じように日常の食事。
そして、温度管理。
先代犬、ボスウニ
今いるアス鮎には、基本おやつは、無添加無着色。
ご飯は、動物病院処方食。
毎日のスキンシップ!
異変を感じたら放置せず、すぐ病院。
我が家は、いつもと様子が変と思ったら即病院。
早期発見!早期治療が大切です。
早期発見、早期治療だと医療費も余りかからないので。
そして、介護予防も人と同じ!
適度な運動。
先代犬、ボスとウニは、余りドックランにも連れていかず、庭や事務所内を自由に歩き走り回っていただけでした。
ボスが余りお散歩が好きではなかったんです。
好きじゃないからリードをつけてのお散歩も短め
それがいけなかったようで、足腰が弱くなってしまいました。
ボスとウニを教訓に、今からアスと鮎はリードをつけて毎日朝晩、お天気が悪い日以外、2キロのお散歩に行っています。
とにかく介護予防は、足腰の強化です。
歩かせすぎると肉球をケガさせてしまうので程々が介護予防のコツだと思います。
多頭飼いの場合、シニア同士の生活も認知症の発症を早めてしまうので刺激のある生活が若さを保つ秘訣だと思います。

まとめ

犬種にもよりますが、身体機能の衰えを感じる年齢ってあると思うんです。
我が家の場合、10歳、13歳、14歳の三段階でした。
15歳。
大きな壁でした。
人の介護もワンちゃんの介護も手抜きが丁度いいです。
そして、長生きさせる秘訣と介護予防も人と同じで日々の日常生活が大切になって来ます。
人と違うのは、人より寿命が短いこと。
愛犬との時間を大切にすることが長生きの秘訣じゃないかな?って今は思います。
私は、毎日帰宅後、全力でアスと鮎と一緒に遊んでいます。
帰ると、必ず玄関まで迎えに来てくれます。
尻尾をぶんぶん振って
座ると顔を舐めてきます。
アスと鮎の時間が私の癒しです。
どうか皆さん、愛犬との時間を大切にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました